So-net無料ブログ作成

1月の読書… [本]

1月は、なんかバタバタしていてあまり本が読めなかった気がします。
最近は、年のせいか朝目覚めるのが早いので、
部屋が暖まる小一時間にベッドの中で本を読んでます…(^^:;

●今年最初の読了本は、『中原の虹(全4巻)』(著/浅田次郎)です。

第1巻が2006年に出てすぐ購入したのですが、しばらくほっといていたのですが
昨年暮れに、第3巻第4巻が相次いで出版されたので、慌てて読み始めました。

物語は、馬賊の長である張作霖が満州の長となり、やがては中国最後の王朝
である清の崩壊までが描かれる壮大な中国歴史小説です。

張作霖や西太后といった、歴史上の有名人のキャラが、浅田次郎独特の視点で
描かれているのが興味深かく面白かったです。

また、冷酷ではあるが情け深い主人公の張が、
民衆が、「没法子(メイファーヅ)」(=どうしようもない)と口にすることを嫌い、
ただ一点、「没法子」と口にしない世の中を作りたい!と行動する姿に、
そのプロセスは別として、深く共感しました。

中原の虹 第一巻

中原の虹 第一巻

  • 作者: 浅田 次郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/09/25
  • メディア: 単行本
  • 中原の虹 第二巻

    中原の虹 第二巻

    • 作者: 浅田 次郎
    • 出版社/メーカー: 講談社
    • 発売日: 2006/11/02
    • メディア: 単行本
中原の虹 第三巻

中原の虹 第三巻

  • 作者: 浅田 次郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/05/16
  • メディア: 単行本中原の虹 第四巻

    中原の虹 第四巻

    • 作者: 浅田 次郎
    • 出版社/メーカー: 講談社
    • 発売日: 2007/11/06
    • メディア: 単行本
●続いては、『摂氏零度の少女』(著/新堂冬樹)です。 新堂冬樹という事で、思わず買ってしまいましたが… う~ん。昨今の尊属殺人にいたる少年少女の内面が描かれているのだが、 やはり彼ら彼女らの心理は理解しがたいものがあるな~。
摂氏零度の少女

摂氏零度の少女

  • 作者: 新堂 冬樹
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 単行本
●最後は、『私の男』(著/桜庭一樹)です。 言わずと知れた、第138回直木賞受賞作品です。 父と娘の隠された秘密。その秘密を守るために堕ちていく二人…。 これが直木賞なんでしょうね^^。いいんじゃないんですか、感性イロイロだし。
私の男

私の男

  • 作者: 桜庭 一樹
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/10/30
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。