So-net無料ブログ作成

3月の読書… [本]

3月は、総会の準備やらなんやらであまり本が読めませんでした[もうやだ~(悲しい顔)]

●まずは、『望み何と訊かれたら』(著/小池真理子)
今、映画『実録・連合赤軍』に団塊の世代が押し寄せているようですが、
そんな事はつゆ知らず、
久々に小池さんの甘美な恋愛小説でも読みたいなぁと手に取りました。
が、読み進めると意外や意外。
確かに恋愛小説ではあるのだが、主人公である地方出身の女子大生が
武装闘争を標榜する過激派セクト(架空の)に入り、脱走して一人の男に匿われて…
というような内容なのだが、当時の学生運動についての描写が
とても判り易かった。恋愛描写は、これもありかなって感じです。
最後に出てくる「鎌倉湖」、若かりし頃、昼はデートに、夜は肝試しに
よく行ってたな~(^^:;

望みは何と訊かれたら

望みは何と訊かれたら

  • 作者: 小池 真理子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2007/10
  • メディア: 単行本



●つぎは、『流星の絆』(著/東野圭吾)
只今、本屋さんで山のように平積みされているので、内容には触れません(^^:;
ただ、読み終わって思ったのは、ぜひ映像化されたものを見て見たい!
この3兄妹をはじめ、登場人物のキャラが立っているので、読みながらも
あの役者が演じたらなぁ~と想像しながら読んでました。

流星の絆

流星の絆

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/03/05
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。