So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

新劇界の巨星がまた…

「事務局日誌」と言いながらも、約2年近くも更新してないので、「事務局年誌」と名前を変えないといけないかも…[あせあせ(飛び散る汗)]

さて、師走のこの時期になりますと、今年亡くなった有名人特集などが出てきます。
最近では、歌舞伎俳優の中村勘三郎さんの死に大きなショックを受けました…。

一方、私たち演劇鑑賞会を創り、共に日本の演劇を支えてきた新劇人の方々も
また多く失ってしまいました…。

10月には、劇団民藝の大滝秀治さん。
厚木えんかんの例会でも何度か来られているのですが、個人的には、1989年の
第23回例会・劇団民藝公演『天使との20分』のエピソードが忘れられません。
実は、この例会の会報で、ある女優さんの写真と名前を間違えてしまったのです。
(民藝の旅公演では、前半と後半でWキャストとなる場合が多いのです…)
開場間際、劇団の制作者が慌てて飛んできて「大滝さんが、呼んでます!」と
青い顔して言いに来ました。
何事かと、大滝さんの楽屋に伺うと、例の会報の間違いを、顔を真っ赤にして
怒られてしまいました!(その後、女優部屋に伺うと、間違えられた本人や樫山文枝さん
らは、笑って「いいのよ~気にしないで~」と言ってくれましたが…)
この一件で、これまで優しいお爺ちゃんと思っていた大滝さんの印象が180度変わって、
舞台や映像でどんなに優しい役柄でも、こわいお爺ちゃんとしか見えなくなったのでした。

お別れ会の控え室のモニターに映し出された大滝さんの姿を見ながら、この事が
思い出されておもわず目頭が熱くなりました…。来年の『どろんどろん』で、再会できるのを
楽しみにしていたのに…。合掌です。

悲しみに浸る間もなく、第148回例会・エイコーン公演『アンナ・カレーニナ』が12月1日に
あるために、準備に追われていました。11年ぶりに栗原小巻さんの登場という事で、
会員と共に楽しみにしていたのに、例会前日に緊急入院となってしまいました[もうやだ~(悲しい顔)]
去年の前進座公演『あなまどい』の例会前に「急性膵炎」で緊急入院した時の痛みと
似ていたので、今回は救急車ではなくマイカーでの入院でした。
あいにく3日の入院ですみ、例会は無事に終わって、さて年末年始の準備を思っていた矢先に、
今度は小沢昭一さんの訃報が届きました。それも50ン歳の誕生日の翌日に…。

小沢さんは、テレビ・ラジオ・映画のイメージが強い方も多いですが、れっきとした新劇俳優で、
日本新劇俳優協会会長でもありました。
厚木では、1987年の第11回例会・しゃぼん玉座公演『唐来参和』(作:井上ひさし)で一度
だけしか公演はありませんでしたが、しゃぼん玉座の制作者のTさんは、ちょくちょく事務所に
遊びにこられて、小沢さんの事はもちろん、井上ひさしさんの裏話などをよく話してくれました。
また、大変な読書家なので、どちらかというと芝居より本の話ばっかりしていました。
小沢さんの死は大変ショックだけれども、長年、小沢さんを支えてきたT氏にお疲れの言葉を
かけたくて、昨日、告別式に参列しました。
煙草を持って微笑む小沢さんの遺影がとっても素敵で、アルコールと煙草を控えなさい!と
医者に言われている身にとっては、これからも安心して煙草が吸えるかなぁと思ってしまいました…。

しかし、新劇人が毎年のように無くなられるのは残念ですが、その精神を受け継ぎ、次の世代へと
私たちが伝えていかねばと、弱った心身に鞭打ちながら頑張らねばとちょっと思いました…。

多分、今年は更新できないと思いますが、皆様よいお年をお迎え下さいませ。


ootaki01.jpg
ootaki02.jpg
ozawa01.jpgozawa02.jpg
『唐来参和』舞台写真



Ps.
事務所での会議が少しでも楽しくなれば…と、クリスマスの飾りつけをしたのに、誰も何も言ってくれない…[ふらふら]
シクラメンは、会員のお花屋「りら」さんが、毎年プレゼントしてくれます。ありがとさんです[exclamation]

xmas01.jpgxmas02.jpg











共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。